アスミール いつから

アスミールはいつから始めるのがベスト?離乳食終わりから!

 

「しっかり子どもに大きくなってほしい!」

 

最近では小倉優子さんも宣伝している子供のための健康応援飲料アスミール。
1日たった1杯飲むだけで成長期の子どもが必要とする栄養素の約80%が摂れるのが特徴です。

 

「うちの子にも飲ませてみたいな〜」

 

と大きくなった子供の姿に夢膨らませているママが多いようです。
しかし、

 

 

いつから飲ませればいいのか知っていますか?

 

 

その答えは離乳食が終わったころからです。

 

離乳食を終える年齢の目安は「1歳半ごろ」とされていますので、
その頃からアスミールを始めてもいい頃合いですね。

 

 

しかし、注意しないといけないのが「飲ませる量」です。

 

アスミールの1杯の量は牛乳 100mlとされています。

 

 

離乳食を終わったばかりの子供に100mlの牛乳に混ぜたアスミールを飲ませるのは逆に胃腸に負担をかけてしまいますよね。

 

そのため、離乳食を終わったばかりのお子さんに飲ませるなら、
まずはティースプーンに1杯程度を目安に飲ませてみてはいかがでしょうか。

 

成長に応じて、少しずつ量を増やしていくのが無難です。

 

 

もちろん、離乳食が終わってからすぐにアスミールを始める必要はありません。

 

理想的な飲ませるタイミングは「成長期が始まる少し前」です。

 

成長期が始まる前に、しっかりと体内に必要な栄養があることが理想ですね。

 

子どもの成長期の目安としては

男の子:9歳ごろから
女の子:7歳ごこから

と、女の子の方が早めです。

 

焦って、すぐにアスミールを始める必要はありません。
お子さんの年齢や成長具合と相談して食事で取る栄養のサポートとしてアスミールを始めるのがいいですよ。

 

 

アスミールはいつまで飲み続ければいいの?

 

では、逆にアスミールは「いつまで」飲ませ続ければいいんでしょうか?
やはりある程度のキリは欲しいですよね。

 

アスミールはいつまで飲ませればいいか?

 

その答えは「満足するまで」ということです。

 

アスミールは成長期の子供向けの健康飲料ですが、
だからといって「大人が飲んだらダメというわけではありません」

 

極端な話、離乳食が終わったころのお子さんから、
90歳過ぎのご高齢の方だって飲めるんです。

 

 

身長アップに必要な栄養が豊富に含まれているということで
どうしても子供向け、というイメージはあるかと思います。

 

しかし、他にも毎日の食事では不足しがちな栄養をサポートするという意味で
栄養補給のためにも飲めるんです。

 

 

特に、カルシウムは豊富に含まれていますので、
骨が弱くなりつつあるお年寄りにはいいかもしれませんね。

 

 

成長期のお子さんであれば、それこそ高校生くらいまで
飲ませ続けているのもいいですね。

 

なににせよ、お子さんの成長期を見逃さないように
しっかりと必要な栄養を与えてあげてくださいね。

 


このページの先頭へ戻る