MENU

中学になったらもう身長は伸びない?

 

「中学生の女子ですが、もうアスミールは効果ないですか?」

 

そんな悩みがあるのを見かけました。

 

確かに、女の子は男の子に比べて成長期が終わるのが早いです。
しかし、中学生になってしまったら、もう身長伸びないのでしょうか?

 

答えは「あきめるのはまだ早い!」です。

 

 

一般的に女子の成長期は13歳ころから緩やかになり始め
15歳くらいで止まるといわれています。

 

しかし個人差があるので絶対ではありません。

 

中学生になってしまったからといって、
もう身長が伸びないわけではないんです。

 

 

 

アスミールは中学生 女子にもまだ効果はある!

 

一般的に、女子の成長期は15歳くらいに止まるとされています。

 

その理由は「骨端線が閉じる」からです。
骨端線とは成長期の骨に見られる軟骨部分のことです。

 

軟骨部分がタテ方向に伸びていき、固まることで骨が伸びて
結果として身長が伸びる、ということになります。

 

骨端線が閉じてしまったら、身長は伸びなくなります。
そのため、完全に閉じてしまう前に対策をすることが重要なんです。

 

そして対策として重要なのは

  • 栄養
  • 睡眠
  • 運動

の3つとされています。

 

それぞれについて説明していきます。

 

栄養

身長アップに必要なのが成長ホルモンの分泌です。
成長ホルモンが分泌されることで、骨端線が伸びる信号となります。

 

その成長ホルモンを分泌させるためにはタンパク質や亜鉛が重要とされているんです。

 

しかし、毎日の食事だけではどうしても栄養バランスが偏ってしまいます。
アスミールならば、成長ホルモンの分泌を助ける亜鉛や
アルギニンといった栄養がしっかり入っています。

 

成長期に不足しがちな栄養をサポートすることができるんです。

 

 

 

睡眠

睡眠中に成長ホルモンは多く分泌されるといわれています。
特に、深夜11時から2時はゴールデンタイム。

 

成長ホルモンが一番多く分泌される時間帯です。

 

この時間にしっかりと質の高い睡眠を取ることが大切なんです。

 

どうしても夜間型になりがちな生活習慣の方は、
いつもより早めにベッドに入るなど対策が重要です。

 

 

 

運動

骨に刺激を与える運動は、骨に刺激を与えしっかりと骨を伸びやすくするとされています。
特に縦方向に刺激を与える運動が重要。

 

身長を伸ばすための運動といっても、特別なことをする必要はありません。

 

代表的な運動としてはランニングなどが挙げられます。
上下動が骨に縦方向の刺激を与えるため、少し早めのペースの
ランニングなどがいいでしょう。

 

逆に、過度の筋トレのような運動は身長の伸びを悪くさせると考えられています。

 

 

 

 

対策しやすいのはやっぱり「栄養」!

 

中学生になると部活や受験勉強などで忙しくなりますよね。

 

夜遅くまで勉強しないといけないなど、
早く寝たくてもなかなか寝れないことが多いです。

 

そうなると、できる対策も限られてきます。

 

その中でも対策が取りやすいのが栄養です。

 

栄養バランスがしっかりしていると、
身長アップに役立ちます。

 

栄養については毎日の食事でコントロールしやすいですし、
アスミールのような健康飲料でフォローしてあげやすいですよね。

 

 

 

勉強にも役立ち身長のサポートもするカルシウム

 

栄養の中でも、昔から

 

「カルシウムをいっぱい取ると背が伸びやすくなる」

 

と、言われていましたよね。

 

しかし、昔はそう言われていましたが、実は身長を伸ばすためにはカルシウムより
タンパク質が重要だということが分かっています。

 

かといって、カルシウムが背を伸ばす役に立たないというわけではありません。

 

カルシウムは体の成長という点からみると、
骨をしっかり硬くするために役立ちます。

 

またそれだけでなく、精神を安定させる働きがあります。

 

勉強する際に重要なのは「集中力」ですが
カルシウムが不足していると集中がしにくいですよね。

 

しかし、カルシウムは単独で摂っても体内に吸収されずらいんです。

 

効率よくカルシウムを吸収するためにはビタミンDが必要。

 

アスミールにはこのビタミンDを含み、カルシウムを効率よく吸収するように配合されているんです。

 

栄養バランスを整えて成長ホルモンの分泌を促すだけでなく
勉強のための集中力をサポートするためにもアスミールは役立ちますよ。

 

このページの先頭へ