MENU

アスミールは豆乳で飲んでもいいの?

 

「アスミール飲んでみたいけど、牛乳好きじゃないんだよね・・・」

 

牛乳は健康にもいいし、骨をしっかり強くする効果があります。
そのため身長を高くしたい!そんな方には必須ともいえる栄養ですよね。

 

しかし、子供だけでなく大人になっても牛乳が嫌いな人は嫌いなんです!

 

でもアスミールは牛乳に溶かして飲むタイプの健康飲料。

 

牛乳で溶かして飲むとあるものを、豆乳に代えて飲むって勇気がいりますよね。

 

 

アスミールは豆乳に溶かして飲んでも大丈夫なんでしょうか?

 

実は、豆乳には牛乳にはない優れた効果があるんです。

 

特に「身長アップ」という点については牛乳よりも優秀なんですよ。

 

 

 

豆乳が牛乳よりも優れているのは「この栄養素」!

 

豆乳が牛乳よりも優れいている栄養ってなにか知ってますか?

 

それは「たんぱく質」なんです。

 

 

そもそも豆乳の原料となる大豆は「畑の肉」とも言われています。

 

なんと、大豆の中にはタンパク質が35%も含まれているんです。

 

しかもタンパク質の「質」もいいことで知られています。
タンパク質にも色々な種類があり、その中でも必須アミノ酸と言われるたんぱく質が8つあります。

 

この8つの必須アミノ酸は自分の体の中では作り出せず、食べ物から摂取するしかないタンパク質。

 

この必須アミノ酸のたんぱく質をバランスよく含まれているのが大豆なんです。

 

 

 

 

背を伸ばすのに重要なのはタンパク質

 

背を高く伸ばすために重要なのは実は「タンパク質」なんです。

 

よく「カルシウムが身長を高くする」と考えられていますが、
身長アップに重要なのは「タンパク質」だということが分かってます。

 

 

なぜ、タンパク質が重要なのでしょうか?

 

 

身長を伸ばすためには骨を伸ばす環境作りが大切です。

 

背が高くなり仕組みは「骨端線の成長」にあります。

 

 

骨端線とは、成長期の骨の先端にある軟骨部分ののこと。

 

この軟骨は成長ホルモンの信号を受けて大きくなり、その後カルシウムによって石灰化して骨に変わります。

 

この成長ホルモンを脳から分泌させるのに重要な栄養が「たんぱく質」。

 

豆乳には牛乳よりも豊富なたんぱく質が含まれているので、
身長を高くするための栄養素は優れています。

 

 

 

 

アスミールと豆乳を混ぜるとデメリットも?

 

豆乳には身長アップに必要な栄養である「たんぱく質」が豊富に含まれています。
そのため牛乳よりも豆乳の方がいい面もあります。

 

しかし、デメリットとなる部分もあるんです。

 

それが「カルシウム」

 

豆乳にもカルシウムは含まれていますが、牛乳よりも少ないんです。

 

身長を高くするためにカルシウムは直接の栄養はありませんが、
骨が伸びていく過程でカルシウムは減っていき、骨がもろくなりやすくなります。

 

そうすると骨折などケガの危険性も高まります。

 

そのため、不足しているカルシウムは小魚など他の食べ物から補うのが効果的です。

 

 

 

まとめ

 

意外に知られていない「アスミール×豆乳」の組み合わせ。

 

牛乳は苦手
たまには牛乳以外で飲みたい

 

そんな方は豆乳にアスミールを混ぜて飲んでも栄養価的にはいいですよ。

 

ただし、カルシウムは不足しがちになりますので
小魚などでしっかり補いましょう!

このページの先頭へ